2019.6.6 13:36

ダル、3勝目逃すも「内容としてはかなり良かった」

ダル、3勝目逃すも「内容としてはかなり良かった」

特集:
ダルビッシュ有
ロッキーズ戦の6回途中、マドン監督(右)にボールを手渡し降板するカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)

ロッキーズ戦の6回途中、マドン監督(右)にボールを手渡し降板するカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)【拡大】

 カブス9-8ロッキーズ(5日、シカゴ)カブスのダルビッシュはロッキーズ戦に先発し、5回1/3を3安打3失点(自責点2)、5三振3四球で勝敗が付かなかった。今季は2勝3敗で、チームは9-8で勝ち、3連勝とした。

 カブスのダルビッシュは五回まで1安打の好投だったが、六回途中で走者を残して降板した。救援投手が同点にされ、目前にしていた3勝目を逃した。

 立ち上がりはカットボールを軸に打者のバットを詰まらせ、三回まで四球の走者一人だけ。四回は途中でカモメがマウンド近くに飛来し、追い払った。リズムを崩したのか、四球と初安打で得点圏に走者を背負ったが、6番マクマーンを空振り三振に仕留めた。

 六回1死二、三塁で4番アレナドに左前適時打を打たれて交代。「内容としてはかなり良かった。ストライクも多くて、この球場でだいぶ投げやすくなってきた」と収穫を挙げた。(共同)

試合結果へダルの成績へ