2019.6.6 05:02

巨人、チーム敗戦も主将が意地弾!3番・坂本勇が20号

巨人、チーム敗戦も主将が意地弾!3番・坂本勇が20号

特集:
坂本勇人
坂本勇が20号。量産を続けるが、勝利にはつながらなかった

坂本勇が20号。量産を続けるが、勝利にはつながらなかった【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天4-2巨人、2回戦、1勝1敗、5日、楽天生命)後味の悪い敗戦に巨人・原辰徳監督(60)の声が沈んだ。

 「(中盤まで)よく2点で辛抱していたけど、最後は守りきれなかったね」

 指揮官は40歳の阿部を今季初めて「4番・DH」で先発起用。同じく初めて3番に据えた坂本勇は六回、自身3度目の20号到達となる左越えソロを放った。1点を追う八回には、岡本がチームで25イニングぶりの適時打となる遊撃内野安打を放って同点。だが、その裏に救援陣が崩れた。

 田原が1死一、二塁とピンチを招く。吉川光にスイッチしたが、ストレートの四球を与えて降板。後を受けた鍬原が辰己に初球をぶつけて押し出し死球として勝ち越しを許すと、2死後にも茂木に押し出し四球を与えた。

 チームの連勝は3でストップ。原監督は吉川光について「ウオームアップ(投球練習)を見ていても一球も(ストライクに)入っていなかった。本来(の姿)ではないと信じたい」と巻き返しを期待した。 (谷川直之)

データBOX

 〔1〕巨人の選手でリーグ20号一番乗りは、2010年の阿部慎之助以来9年ぶり8人目(24度目)で、遊撃手では初。遊撃手でのリーグ20号一番乗りは、1992年のヤクルト・池山隆寛以来。
 〔2〕坂本勇の20本塁打以上は3度目。過去は10年8月13日(チーム103試合、最終31本)、16年9月4日(同123試合、同23本)と、日付、試合数ともに自身最速。

試合結果へ

  • 6回本塁打を放った巨人・坂本勇=楽天生命パーク宮城(撮影・荒木孝雄)
  • 6回、本塁打を放つ巨人・坂本勇=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 8回、同点適時内野安打を放つ巨人・岡本=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 6回、坂本勇の本塁打にベンチで笑顔の巨人・原監督=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発の巨人・田口=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)