2019.6.5 08:00

【星野伸之 緩急自在】阪神・メッセ、もっと大胆に直球攻めを

【星野伸之 緩急自在】

阪神・メッセ、もっと大胆に直球攻めを

先発の阪神・メッセンジャー=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)

先発の阪神・メッセンジャー=ZOZOマリンスタジアム(撮影・福島範和)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ3-11阪神、1回戦、阪神1勝、4日、ゾゾマリン)メッセンジャーにとって、きっかけとなる勝利だろう。3失点した二回は、もう少し大胆にいっていいのに、と思いながら見ていた。まるで終盤の1点差のような窮屈な投球だったからだ。

 フォークなど変化球ばかりで、それを見逃されてボール、ボールに。下位打線なのに、自分から苦しい投球をしてしまった。相手が明らかに直球狙いだったとはいえ、それでも、やはり変化球は直球ありきだ。球速、球威は全盛期から衰えたといっても角度はあるし、投球技術もある。もう少し、真っすぐで攻めていっていい。

 実際、1点リードをもらった五、六回は直球が増え、非常に大胆になった。梅野のリードも思い切りがあり、特に六回先頭のレアードを、フルカウントから141キロの真っすぐで空振り三振に抑えたのは見事。バッテリーの強い信頼を感じた。この投球を、一回からやれれば、もっと勝ちはついてくるはずだ。

 チームにとっても、広島に勝って入った交流戦で初戦を取れた。流れ的に大きいし、火曜日のカード頭にメッセンジャーをもってきた意味がある1勝だった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ