2019.6.5 12:04

星稜・林監督が監督復帰へ 「サイン盗み疑惑騒動」による指導禁止が解除

星稜・林監督が監督復帰へ 「サイン盗み疑惑騒動」による指導禁止が解除

星稜・林監督

星稜・林監督【拡大】

 今春の高校野球選抜大会での一連の「サイン盗み疑惑騒動」で学校側から懲戒処分を受け、4月中旬から指導禁止となっていた星稜高・林和成監督(43)が5日から監督業務に復帰することが同日、正式に決まった。学校側が発表した。

 処分を下して以降、林監督は学校長と複数回にわたって面談を行い、学校側も深い反省の態度を確認して、指導再開を認めた。

 林監督は選抜2回戦・習志野(千葉)戦(1-3)で、二塁走者が打者に捕手のサインを伝達する「サイン盗み」を疑い、試合後に習志野の監督に抗議。敗退後に学校側に無断で週刊誌の取材を受けるなどした行動が問題として、学校側から処分を受けていた。

 優勝した前日4日の春季北信越大会までは、山下智将部長(37)が代行で監督を務めていた。