2019.6.3 05:03(1/2ページ)

日本ハム、大船渡・佐々木の今秋ドラフト1位指名公言!12球団で最速

日本ハム、大船渡・佐々木の今秋ドラフト1位指名公言!12球団で最速

特集:
清宮幸太郎
長い手足から繰り出すボールに誰もが目を奪われる。この日は4失点したものの13奪三振と潜在能力の高さを見せた(撮影・桐原正道)

長い手足から繰り出すボールに誰もが目を奪われる。この日は4失点したものの13奪三振と潜在能力の高さを見せた(撮影・桐原正道)【拡大】

 高校球界最速の163キロを計測して注目を集める大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)が2日、岩手・一関市内で佐久長聖(長野)との練習試合に先発し、9安打4失点で完投した。チームは1-4で敗れたが、毎回の13奪三振で最速153キロをマークするなど、確かな才能を発揮。日米10球団計18人の関係者、スカウトが見守る中、日本ハム・吉村浩ゼネラルマネジャー(GM、54)は12球団一番乗りで今秋のドラフト会議での1位指名を公言した。

 力感のない軽やかなフォームながら、最速は153キロを計測した。佐々木が練習試合で完投し、毎回の13奪三振。バックネット裏に集まった日米10球団(日本9、米国1)のスカウト、関係者を大いにうならせた。

 「間違いなく1位で指名します。他の(指名候補選手への)リスペクトもありますが、能力が違いすぎる。圧倒的です」

 視察した吉村GMが、今秋のドラフト会議での1位指名を明言。ダルビッシュ(現カブス)、中田、大谷(現エンゼルス)、清宮、昨年の吉田輝と高校球界のスターを指名してきた日本ハムが、12球団最速で新たな“スター争奪戦”への参戦を表明した形だ。

 さらに、吉村GMは花巻東高(岩手)時代の大谷と佐々木の現状を問われ「投手としてだけなら佐々木君かもしれない。それくらい評価している」と、大谷を上回る逸材とも評した。

【続きを読む】

  • 日米10球団の関係者が球場に集結。早くも1位指名を公言する球団が現れた
  • 佐久長聖との練習試合で投球する大船渡・佐々木=岩手県一関市の大東野球場(撮影・桐原正道)
  • 7回、力投する大船渡・佐々木=岩手県一関市の大東野球場(撮影・桐原正道)
  • 日本ハム・近年のドラフト1位指名