2019.5.31 08:00

【田尾安志 タイムリーCheck!】阪神・近本、引っ張らない打撃で打率キープ

【田尾安志 タイムリーCheck!】

阪神・近本、引っ張らない打撃で打率キープ

特集:
田尾安志 タイムリーCheck!
7回、三塁打を放つ阪神・近本=甲子園球場(撮影・今野顕)

7回、三塁打を放つ阪神・近本=甲子園球場(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神5-2巨人、10回戦、巨人6勝4敗、30日、甲子園)巨人に連勝できた原動力は1番・近本、4番・大山の活躍。2人が今の阪神を引っ張っている。

 近本は、相手にとって本当に嫌な打者になっている。七回、簡単に追い込まれながら、そこから粘って10球目のカットボールを左中間三塁打。「対左腕」を注目してきたが、絶対に引っ張ろうとしない。打率が落ちない最大の要因だ。

 続く糸原の左邪飛で、迷うことなくタッチアップで生還した。この場面、巨人は「走らないのでは」と判断して捕球したが、相手の予想を覆す俊足が近本にはある。もぎ取った1点が巨人に与えたダメージは大きい。一回にはボテボテが遊撃内野安打になり、次打者の初球を二盗。勢いをもってくる選手だ。

 4番・大山も期待以上。一回1死一、三塁は最低でも犠飛が求められる。つまりフライを打たなければいけない。状況を把握した打撃ができている。五回無死三塁では、真っすぐ3球で追い込まれたカウントからスライダーを仕留めた。読みに勝った内容のある打撃。4番らしくなってきた。

 打線のキーマンである1番&4番が元気で、打線が固定されている阪神。当分、面白い戦いができるだろう。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

  • セ・リーグ盗塁5傑
  • 阪神VS巨人の今季対戦成績