2019.5.31 18:45

巨人・坂本勇、鮮やかな“タッチ回避”で生還!

巨人・坂本勇、鮮やかな“タッチ回避”で生還!

特集:
坂本勇人
1回裏、大城卓三の右安打で2走の坂本勇が本塁生還=東京ドーム(撮影・今野顕)

1回裏、大城卓三の右安打で2走の坂本勇が本塁生還=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 巨人・坂本勇人内野手(30)が31日、中日戦(東京ドーム)で、鮮やかな“タッチ回避”で生還した。

 1点を追う一回1死で左前打を放ち、次打者・丸の打席で今季4盗塁目となる二盗に成功。1死一、二塁から、大城の右前適時打が放たれると、二走の坂本勇は三塁を回り、本塁でのクロスプレーとなった。

 右翼手・松井佑の送球はやや三塁方向にそれて捕手・武山のミットへ。坂本勇は素早く体をくねらせてタッチをかわし、倒れながら左手で本塁をタッチして同点のホームイン。俊足とスライディング技術が光った好走塁だった。

試合速報へ