2019.5.30 05:03(1/2ページ)

阪神・マルテ、起死回生弾!“ボルトポーズ”は「続けていきたい」

阪神・マルテ、起死回生弾!“ボルトポーズ”は「続けていきたい」

八回に同点2ランを放ったマルテ。2戦連発で虎を救った(撮影・宮沢宗士郎)

八回に同点2ランを放ったマルテ。2戦連発で虎を救った(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神8x-4巨人=延長十二回、9回戦、巨人6勝3敗、29日、甲子園)切れるな、入れ! 虎党も矢野監督の思いも乗せたマルテの打球は左翼ポールを巻いた。八回に価値ある同点2ランで試合を振り出しに戻し、ベンチ前で弓を引く決めポーズも飛び出した。動きを拝借したのは母国・ドミニカ共和国のタレントだとか。M砲が最高のスマイルを届けた。

 「ポールが近くて(本塁打の)チャンスはあると思っていました。しっかりと球をみて、コンタクトをしようと思っていました」

 2-4の八回。2死1塁から3番手・沢村の初球143キロ直球を迷いなく振り抜き、左翼席へ5号2ラン。26日のDeNA戦(横浜)に続く自身初の2試合連続弾だ。相手に試合を優位に進められる中、一撃で振り出しに戻し、本塁打の威力、そして醍醐味を存分に見せつけた。

 前回の本塁打を打ったときからベンチ前で始めた決めポーズ。似ているのは世界最速の男、陸上短距離のウサイン・ボルト(ジャマイカ)のポーズ?

【続きを読む】

  • マルテはベンチ前でパフォーマンスを披露
  • まるでボルトの決めポーズのようだ
  • 5回、安打を放つ阪神・マルテ=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 8回、2点本塁打を放った阪神・マルテ=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 8回、巨人・阿部の打球を好捕しピンチを救った阪神・マルテ=甲子園球場(撮影・河田一成)
  • 阪神・マルテのホームランカルテ
  • 阪神・代打サヨナラ満塁本塁打
  • 阪神・甲子園での巨人戦9連敗でストップ
  • 阪神・今季のサヨナラ勝ち