2019.5.30 21:31

ヤクルト、泥沼の14連敗で最下位転落 小川が五回途中7失点KO

ヤクルト、泥沼の14連敗で最下位転落 小川が五回途中7失点KO

5回途中降板するヤクルト・小川(右から3人目)=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

5回途中降板するヤクルト・小川(右から3人目)=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト0-13広島、11回戦、広島6勝5敗、30日、神宮)ヤクルトは球団ワーストの96敗を喫した2017年7月の記録に並ぶ、泥沼の14連敗で最下位に転落した。先発の小川泰弘投手(29)は4回1/3を投げ7失点で7敗目(1勝)となった。

 長いトンネルを抜ける日はやってくるのか。連敗を止めるべくマウンドに上がった小川だったが、一回、バティスタにソロ本塁打を浴びるなどいきなり3失点。四回は菊池涼に左前適時打を許し0-4に。五回も1死一、三塁のピンチを招くと、田中広に右前適時打を浴び降板。その後も投手陣が打ち込まれ、終わってみれば16安打13失点と大敗した。

 打線はプロ初先発の広島・山口に7回2死まで無安打に抑えられるなど、零封負けとなった。

試合結果へ

  • 選手交代を告げベンチに引き揚げるヤクルト・小川監督=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回、投球するヤクルト・山中=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 7回安打を放つヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 6回広島・田中広に3点本塁打を許したヤクルト・風張=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、空振り三振に倒れるヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 5回、投球するヤクルト・久保=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 1回を終えベンチに引き揚げるヤクルト・小川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 先発のヤクルト・小川=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)