2019.5.30 05:03(1/2ページ)

濃い~5月!広島、雨中断のち逆転で球団タイ月間18勝!!誠也バット折り同点打

濃い~5月!広島、雨中断のち逆転で球団タイ月間18勝!!誠也バット折り同点打

五回、鈴木はバットを折られながら同点の適時二塁打。本当に勝負強い(撮影・加藤圭祐)

五回、鈴木はバットを折られながら同点の適時二塁打。本当に勝負強い(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト3-5広島、10回戦、5勝5敗、29日、神宮)雨模様の神宮の空で行ったり来たりしていた“勝利の女神”を、4番が力づくで振り向かせた。2-3の五回2死一、三塁で、広島・鈴木が内角球にバットを折られながらも、左翼線へ同点二塁打。1994年8月に並ぶ、月間18勝の球団記録に導いた。

 「(中断があったが)得点圏だったので、集中していた。甘い球を振っていこうと思っていた。たまたまヒットゾーンに飛んでくれました」

 五回1死一、三塁とチャンスを迎えたところで雨脚が強くなり、午後7時36分に中断に入っていた。試合は成立しておらず、そのまま続行不可能ならノーゲームに。再開しても、1点差を追いつかずに五回表が終了すれば、その後の天候次第で降雨コールドで敗れる可能性もあった。

 三塁ベンチで待つしかない中、29分間に及ぶ中断にも主砲の集中力が途切れることはなかった。再開後、バティスタは空振り三振を喫したが、4番が左腕・高橋の内角148キロをとらえた。

 足でも魅せた。なお2死二、三塁で、西川がボテボテの遊撃内野安打を放つと、奥村の一塁への送球がわずかにそれた間に二塁から生還。一気に2点を勝ち越した。

 24歳の鈴木と、燕の19歳、村上との若き4番対決でも注目された一戦。鈴木は一回2死一塁で先制15号2ランを放つなど2安打3打点。村上も一回の14号3ランを含む2安打3打点で意地をみせたが、鈴木が貫禄勝ち。緒方監督は「誠也(鈴木)の一打が大きかったね。あそこで(五回に)4番としての仕事をしてくれた」と大絶賛だ。

 チームは26日の巨人戦(東京ドーム)で連勝が11で止まったが、このカード連勝で8カード連続の勝ち越し。両リーグ最速で30勝に到達した。貯金も今季最多の11だ。5月は18勝4敗1分けで、残り2戦。打っても、走ってもすごい新世代の4番が、カープを球団新記録へ、そして頂点へと引っ張っていく。 (柏村翔)

【続きを読む】

  • 続く西川の適時打でホームに生還し、このガッツポーズ!
  • 五回のピンチで一時中断となり、ベンチへ引き揚げるヤクルトナイン
  • 1回、先制の2点本塁打を放った広島・鈴木=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発の広島・大瀬良=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 5回、2点適時内野安打を放つ広島・西川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 8回の守備を終えベンチに引き上げる広島・フランスア=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 観客に手を振る広島・大瀬良=神宮球場(撮影・加藤圭祐)