2019.5.29 05:01

オリックス・福良氏、GM兼編成部長に就任

オリックス・福良氏、GM兼編成部長に就任

新たにオリックスのGMに就任した福良氏、左は湊通夫・球団社長=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

新たにオリックスのGMに就任した福良氏、左は湊通夫・球団社長=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 オリックスは28日、6月1日付でゼネラルマネジャー(GM)職を新設し、昨季まで監督を務め今季は育成統括GMとして若手を指導していた福良淳一氏(58)がGM兼編成部長に就任すると発表した。オリックスのGM制度は2003~05年の中村勝広氏以来。

 湊球団社長は「選手、コーチ、監督、スカウトの経験がある。フロントと監督の経験がある人はそうそう日本にはいない。チームはまだまだ立て直せる状態。来季以降に新たに仕事に就くよりは、いま就くことが大事」と説明した。

 福良氏は現在のチームについて「投手を見ても若い選手が育っている。問題は野手。そこをどう考えるか。(補強期限まで)あまり日にちもない」と補強を検討しつつ、「若い選手がどんどん出てくるようなチームにしたい。足りないところは補強も。そこをうまうやりながら、というところやないですか」とビジョンを口にした。