2019.5.28 20:40

オリックス・小田が先制打「何とか食らい付いていこうと思っていた」

オリックス・小田が先制打「何とか食らい付いていこうと思っていた」

3回、適時打を放つオリックス・小田=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)

3回、適時打を放つオリックス・小田=京セラドーム大阪(撮影・甘利慈)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス-ソフトバンク、10回戦、28日、京セラ)オリックスの小田が三回2死三塁で先制打を放った。低めの変化球にうまくバットを合わせて右前に運び「追い込まれていたので、何とか食らい付いていこうと思っていた。いいところに飛んでくれた」と必死さを強調した。

 左太もも裏痛から19日に復帰し、22日のロッテ戦でサヨナラ打を放つなど好調が続いている。西村監督は「けがをしてから、本人も(取り返そうという)意識が強い」と貪欲な姿勢を褒めていた。

試合結果へ