2019.5.27 18:12

明大・添田4割、ベスト9有力「二塁手でお願いします」/東京六大学

明大・添田4割、ベスト9有力「二塁手でお願いします」/東京六大学

 東京六大学野球リーグ第7週第3日は27日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、前日に5季ぶり40度目の優勝を決めた明大が法大を3-2で下し、2勝1分けで勝ち点5とし、2016年春以来の完全優勝を果たした。法大は勝ち点1の5位で今季を終えた。

 明大の添田が3安打を放ち、打率4割ちょうどで今季を締めた。12試合で11四死球、12得点も記録。「出塁率は高くできた」と1番打者らしい働きだった。

 優勝への貢献度もあり、記者投票で決まるベストナインの有力候補だ。遊撃手登録だがチーム事情で二塁を守る添田は、取り囲む報道陣に「二塁手でお願いします」とアピールしていた。

試合結果へ試合日程へ