2019.5.27 05:02(1/2ページ)

明大、5季ぶりV!7点差ひっくり返した/東京六大学

明大、5季ぶりV!7点差ひっくり返した/東京六大学

5季ぶりの優勝を果たした明大の選手は、ベンチで喜びを爆発させた (撮影・加藤圭祐)

5季ぶりの優勝を果たした明大の選手は、ベンチで喜びを爆発させた (撮影・加藤圭祐)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ第7週第2日(26日、神宮)2回戦2試合が行われ、明大が8-7で法大に逆転勝ちし、5季ぶり40度目のリーグ制覇を果たした。勝ち点4で並ばれても他校を勝率で上回るため。明大は東京六大学連盟代表として、全日本大学選手権(6月10日開幕・神宮ほか)に出場する。立大は東大を4-2で下し、連勝で勝ち点2とした。

 九回を締めたエースで主将の森下を中心に歓喜の輪ができあがった。一時は0-7となったが、イノシシのごとく勝利へ突き進み、大逆転で5季ぶりの優勝を決めた。

 「(25日の法大)1回戦で終盤に勝ち越され、ふがいないところを見せた。きょうは絶対に抑えたかった」

 森下は前日25日に同点3ランを浴び、試合は引き分けに。この日は九回に登板し、三者凡退に抑えて優勝投手になった。

 7点差となった後の四回の攻撃前。善波監督は「まず2点を取ってこい」とナインを叱咤した。四回は代打の1年生、日置の適時打などで2得点。じわじわと追い上げ、八回に松下の適時打でリードを奪った。

【続きを読む】

  • 試合後、撮影に応じる明大・森下と善波監督=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 東京六大学・各校の優勝回数
  • 東京六大学野球・春季リーグ勝敗表