2019.5.27 08:00(1/2ページ)

【若松勉 芯打ち登場】ヤクルト、3連発出ても11連敗

【若松勉 芯打ち登場】

ヤクルト、3連発出ても11連敗

五回、マウンドの高梨裕稔(右から2人目)のもとに集まるヤクルトナイン

五回、マウンドの高梨裕稔(右から2人目)のもとに集まるヤクルトナイン【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト8-10中日、12回戦、中日7勝5敗、26日、神宮)ヤクルトは26日、中日12回戦(神宮)に8-10で敗れ、14連敗を喫した2017年7月以来、2年ぶりの大型連敗が「11」まで伸びた。三回に2番・青木、3番・山田哲、4番・バレンティンの3者連続本塁打が飛び出したが、投手陣が打ち込まれて、逆転負け。1999-2005年に監督を務め、01年は日本一に導いた若松勉氏(72)=サンケイスポーツ専属評論家=が泥沼脱出へ、3つの緊急提言をした。

 3日連続で真夏日を記録した東京。神宮では三回に青木、山田哲、バレンティンの3連発で一時は4点をリードしたが、ヤクルトは敗れた。

 泥沼の11連敗。この日のポイントは2点リードの五回1死満塁だった。97球を投げて疲れが見える高梨を続投させたが、5番・高橋、6番・モヤと左打者を続くことを考えれば、左腕・ハフら救援投手を起用すべきタイミングだった。今のチームに必要なのは白星。そのために、私がチームへ3つの提言をしたい。

 〔1〕好調の救援投手を勝負どころで惜しみなく投入する

 もちろん、先発の踏ん張りは不可欠だ。しかし、首脳陣が我慢し、続投が裏目に出れば、野手と投手の信頼関係が崩れる恐れもある。まずは目の前の1勝へ、短期決戦のように救援投手を早めに投入してほしい。

【続きを読む】

  • いつもはベンチ外に置く盛り塩をこの試合はベンチ内に置いたが、連敗ストップに効果が出なかった
  • 一回、2点適時二塁打を放ち三塁をうかがうヤクルト・村上宗隆
  • ヤクルト・11連敗前と後のチーム成績を比較