2019.5.26 19:46

西武・松本航、上々の本拠初登板「辛抱するところで辛抱できた」

西武・松本航、上々の本拠初登板「辛抱するところで辛抱できた」

先発の西武・松本航=メットライフドーム(撮影・山田俊介)

先発の西武・松本航=メットライフドーム(撮影・山田俊介)【拡大】

 (パ・リーグ、西武5-6日本ハム、12回戦、6勝6敗、26日、メットライフ)西武のドラフト1位ルーキー松本航は本拠地で初登板し、六回途中まで2失点と上々の投球だった。四回まで毎回、得点圏に走者を背負ったが踏ん張り「辛抱するところで辛抱できた」とうなずいた。五回にソロを浴び、4-1の六回に2本の二塁打で1点を奪われて降板。救援陣が逆転され2勝目は逃した。

 本拠地初登板は「マウンドはすごく投げやすくて声援が一段と大きくて力をもらった」と言う。球数が121球とかさみ「追い込んでから慎重になりすぎた。もうちょっと早いカウントで勝負できたら」と課題を挙げた。

辻監督(松本航に)「球数が多すぎる。もっと大胆にやってくれればいい」

試合結果へ