2019.5.26 20:15

楽天・堀内が攻守で貢献「捕手としての役割はできた」

楽天・堀内が攻守で貢献「捕手としての役割はできた」

試合終了後、欅坂46の守屋茜(右)、石森虹花(左)と一緒に「バーン!」を決める楽天・堀内(左から2人目)と石橋(右から2人目)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

試合終了後、欅坂46の守屋茜(右)、石森虹花(左)と一緒に「バーン!」を決める楽天・堀内(左から2人目)と石橋(右から2人目)=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天4-1オリックス、12回戦、オリックス6勝5敗1分、26日、楽天生命)楽天の堀内が攻守で勝利に貢献した。0-1の二回2死満塁で中前へ逆転の2点適時打を放ち、捕手としても5投手を好リードして1失点で切り抜けた。

 静岡高から2016年にドラフト4位で入団して4年目の22歳。成長著しいホープは「最少失点だったし、捕手としての役割はできた。嶋さんとは違う良さがあると思う。どんどんアピールしたい」と手応えを感じていた。

平石監督(堀内に)「捕手は試合を勝たせるためにやっている。よくやってくれている」

石橋(5回1失点で先発ではプロ初勝利)「とにかく腕を振ることを忘れないようにした。勝利に貢献できて良かった」

試合結果へ

  • 先発の楽天・石橋=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 2回、逆転適時打を放つ楽天・堀内(右)。左はカバーに走るオリックス・Kー鈴木=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)