2019.5.25 23:12

立命大、打線が力発揮 橋本和「命を懸けて優勝を決めにいく」/関西学生

立命大、打線が力発揮 橋本和「命を懸けて優勝を決めにいく」/関西学生

 関西学生野球リーグ第8節第1日(25日、立命大6-4同大、わかさ)立命大は打線が力を発揮し、優勝へあと1勝とした。一回に橋本和が右翼手の頭を越える三塁打を放って先制。三回にも橋本和の二塁打で勝ち越した。「(同大との)伝統の一戦で他の節とは違う気持ちがあった」と気合十分の3番打者が攻撃の軸となった。

 先発の坂本は失策も絡んで4失点(自責点1)したが、打線が援護。橋本和は「(26日も)総力戦になる。命を懸けて優勝を決めにいきます」と力強く話した。

試合結果へ試合日程へ