2019.5.25 05:01

中大1年・北村が1号! 1年森下が満票でベスト9獲得/東都

中大1年・北村が1号! 1年森下が満票でベスト9獲得/東都

この日リーグ戦初本塁打を放った北村(左)と今季2本塁打を放ちベストナインに輝いた森下。中大の1年生コンビが秋への逆襲を誓った(撮影・井上幸治)

この日リーグ戦初本塁打を放った北村(左)と今季2本塁打を放ちベストナインに輝いた森下。中大の1年生コンビが秋への逆襲を誓った(撮影・井上幸治)【拡大】

 東都大学野球(24日、神宮)未消化だった第3週の3回戦1試合が行われ、中大が立正大に6-2で勝利。2勝1敗で勝ち点4とし、2位で終えた。春季リーグ戦は全日程を終了。6勝を挙げて東洋大の2季ぶり優勝に貢献した村上頌樹投手(3年)が最高殊勲選手、最優秀投手、最優秀防御率、ベストナインに輝いた。最下位の駒大は6月17日から2部1位校との入れ替え戦に臨む。

 中大1年生の北村が途中出場で左越えにリーグ戦初本塁打。通算5打席目での一発に「打った瞬間(にわかった)。やっと出ました」と表情を緩めた。昨夏の甲子園では近江(滋賀)の4番として2本塁打。同じ1年ながらベストナインを獲得した森下に刺激を受け、「ライバル心を持ってやっていきたい。秋は出場機会を増やしたい」と定位置奪取を誓った。

試合結果へ試合日程へ

  • 春季リーグ表彰選手
  • 東都大学野球・春季リーグ勝敗表