2019.5.24 19:45

阪神・糸原が右肘付近に死球受け途中交代

阪神・糸原が右肘付近に死球受け途中交代

4回、死球をうける阪神・糸原=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)

4回、死球をうける阪神・糸原=横浜スタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神・糸原健斗内野手(27)が24日のDeNA戦(横浜)の四回に今永から死球を受け、四回裏の守備から退いた。

 四回先頭で打席に入り、2球目が右肘付近に直撃。その場にしゃがみ込んだが、少しして立ち上がり、一塁へと向かった。

 糸原はこの日を含め今季48試合全試合に出場。昨季もチームで唯一全試合出場を果たしていた。前日23日のヤクルト戦(甲子園)では九回にサヨナラ打を放つなど、勝負強さを発揮していた主将。離脱となれば虎にとって大きな痛手となる。

試合結果へ