2019.5.24 05:03(1/2ページ)

日本ハム・杉谷、両打席弾!「スギノールと呼んで」セギノール以来球団12年ぶり

日本ハム・杉谷、両打席弾!「スギノールと呼んで」セギノール以来球団12年ぶり

杉谷は五回に右打席で1号ソロ(撮影・野口隆史)

杉谷は五回に右打席で1号ソロ(撮影・野口隆史)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム11-2楽天、12回戦、楽天7勝5敗、23日、札幌D)日本ハムは23日、楽天12回戦(札幌ドーム)に11-2で大勝。スイッチヒッターの杉谷拳士内野手(28)が五、六回に自身初となる1試合2本塁打をマーク。左右両打席の本塁打は史上19人目、球団では2007年のセギノール以来となる快挙を達成し、自ら「スギノール」と命名。小兵の活躍でチームの連敗は「4」で止まった。

 ひどい“仕打ち”が待っていた。五回1死。右打席で辛島から左越えに今季1号のソロを放った杉谷がベンチに戻ると、祝福してくれたのは、栗山監督と数人だった。

 「サイレント・トリートメントといわれますが、あれはサイレント・サイレント。ただの無視です…」

 六回2死二塁では左打席で、今野から右越えに2号2ランをマーク。球団では2007年のセギノール以来、12年ぶり4人目となる左右両打席弾の快挙に「“スギノール”と呼んでください」と調子に乗った。

 両打席本塁打は楽天・田中が2018年8月1日のオリックス戦(京セラ)で達成して以来。通算10本塁打の小兵は、七回の打席で3連発を狙ったが、三邪飛に終わり、「いきった。ああいうところですよね」と猛省した。

【続きを読む】

  • 六回は左打席で2号2ラン。自身初の両打席本塁打をマークした
  • 6回、2ランを放つ日本ハム・杉谷。5回は右打席、6回は左打席の2打席連続本塁打となった=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • ヒーローインタビュー後、記念撮影する日本ハム・杉谷(左)と杉浦=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 3回、勝ち越し2ランを放つ日本ハム・中田=札幌ドーム(撮影・野口隆史)
  • 力投する先発の日本ハム・杉浦=札幌ドーム(撮影・野口隆史)