2019.5.23 05:00

【ダンカン】勝利ひねり出した“コーラック野球”

【ダンカン】

勝利ひねり出した“コーラック野球”

特集:
ダンカン 虎の通信簿
スタンドのファンに手を振る阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)

スタンドのファンに手を振る阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2ヤクルト、11回戦、阪神6勝3敗2分、22日、甲子園)お互いに“持ってけドロボー”くらいにチャンスがありながら、ウ~ン、出ない…。ウウ~ン、出ない…。トイレで力んでいるような、べ○ぴ試合だったのだ(朝からゴメンなさ~い!!)。

 しかし、出ないのをひねり出したのが“矢野コーラック野球”だったのだ!! 結果的にはヤクルトにエラーが出て、わが阪神の勝利となったが、実は前日の試合で糸原が一回に、そして近本が五回に中村に盗塁を刺されていたのだ…。

 しかし、本日、結果的に得点に結びつかなかったが、近本を一回にいきなり走らせて盗塁セーフ!! さらに五回、前日の盗塁死コンビの近本、糸原にダブルスチールを命じ成功させた「お前らを信じとるんや!! ここでびびっとったら、その先に行けるかいなア!? 責任はワシがとったるわー!!」のビリビリとしびれる采配が、勝利のムードをつくったと思うのだ!!

 それでいて七回無死二塁の場面では、その打席まで2安打を放っていた近本にキッチリとバントをさせるメリハリ!! 矢野阪神は確実に一歩ずつハートが強くなっていると感じた試合なのだ!!

試合結果へ