2019.5.22 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】「本当にみんなで勝てた試合」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

「本当にみんなで勝てた試合」

笑顔の阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・河田一成)

笑顔の阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・河田一成)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2ヤクルト、10回戦、阪神5勝3敗2分、21日、甲子園)

 --下位打線で得点できた

 矢野監督 「そういう部分でも点を取れましたのでね。良かったかなと」

 --ジョンソンは八回のピンチで連続三振

 矢野監督 「自分のボールを信じて投げるしかないからね。(真っすぐと変化球の)どっちも勝負球になるというところで。ずっといい投球をしてくれているけど、そこはリュウ(梅野)との信頼関係。あの中で真っすぐでも空振りを取れたというのは、最後の雄平のところなんか、そのスライダーが効いたというのがある。ピンチを切り抜けてきた信頼関係もあるし、そういうふうになったんじゃないかな」

 --四回の梅野の走塁は、藤本コーチがよく回して、それにも応えた

 「一瞬、低い打球やったからね。リュウも1歩目、ライナーバックというか止まったし。その中でね。藤本コーチがよく回してくれた。外野の守備位置とかも。普段から確認してくれてはいるけど、ちょっと深いというのと、打順といろんな絡みでナイス判断してくれた。あそこで1点入ってというのと全然違う。そういうところでは本当にみんなで勝てた試合だと思う。その判断もすごく勝敗に大きいなと」

試合結果へ