2019.5.22 05:00

【MLBロッカールーム】米メディアが各球団を“査定”

【MLBロッカールーム】

米メディアが各球団を“査定”

特集:
MLBロッカールーム

 メジャーの“成績表”はいかに!? 各球団がシーズンの約4分の1となる40試合を消化した16日(同17日)、CBSスポーツ(電子版)が独自に戦いぶりを査定した。

 点数は最上位の「A+(プラス)」から「F」まで。唯一、A+を獲得したのは2017年に世界王者となったアストロズ。今季は2位・レンジャーズに8・5ゲーム差をつけてア・リーグ西地区の首位を走る。

 前田が所属するドジャースはA。「予想通り、順調にシーズンを送ってはいるが、シーガーやビューラーなど若手主力が苦戦」と指摘した。田中のヤンキースはB+。負傷者が多い中でも若手が台頭し、上位(ア東地区首位)をキープしている点を評価した。菊池が所属するマリナーズと、大谷のエンゼルスはともにC評価と厳しかった。 (竹濱江利子通信員)