2019.5.21 09:08

元同僚・松井秀喜氏、上原引退に「心から拍手を送りたい」

元同僚・松井秀喜氏、上原引退に「心から拍手を送りたい」

特集:
上原浩治
移籍・退団・引退
松井氏(左)と上原(撮影・リョウ薮下)

松井氏(左)と上原(撮影・リョウ薮下)【拡大】

 プロ野球巨人の上原浩治投手の現役引退を受け、元同僚の松井秀喜氏は20日までに談話を寄せ「21年間、日米で素晴らしい実績を残してこられたことに心から拍手を送りたいと思います」とねぎらった。

 巨人では1999年から4シーズンともにプレーし、米大リーグでは対戦もあった。「ひとたびマウンドに上がればまさにエースにふさわしいピッチングでチームを勝利に導いてくれる存在で、センターのポジションから見ていた19番の背中はいつも頼もしかったです。彼のメジャーリーグ初登板で対戦できたことも思い出に残っております」とコメントした。

 同投手が2013年にワールドシリーズ制覇に貢献したレッドソックスの地元紙ボストン・グローブ(電子版)は引退を報じた。チームメートだったボガーツ内野手の「彼のおかげで13年のチームは大きな成功を収めた」との言葉を載せた。(共同)