2019.5.21 05:03

巨人・菅野、入団時に上原の背番号19継承「上原さんとの時間は財産」

巨人・菅野、入団時に上原の背番号19継承「上原さんとの時間は財産」

特集:
上原浩治
菅野智之
昨年7月の球宴には上原(右)と菅野の新旧エースが出場した

昨年7月の球宴には上原(右)と菅野の新旧エースが出場した【拡大】

 巨人・上原浩治投手(44)が20日、東京・千代田区のホテルニューオータニで記者会見し、現役引退を表明した。

 入団時に上原の背番号19を受け継いだ巨人・菅野智之投手(29)が川崎市のジャイアンツ球場で先代エースに惜別のメッセージを贈った。

 「まさか2年間、一緒にやれるとは思っていなかった。本当にここまでやることはすごいなと改めて思いますし、自分の中では上原さんとの時間は財産になりました」

 一部投手陣の練習に参加した菅野は、先輩が下した現役引退の決断を問われると、神妙な顔になった。

 常勝チームのエースとして、マウンドに立つ姿、国際舞台で強敵に立ち向かう闘志、そしてメジャーリーグでも輝いた上原のことを心から尊敬していた。

 「ひとつの目標。練習に対する姿勢であったりとか、常に生活の中心に野球がある人。練習量もすごいし、かなわないなって部分もある。ちょっとでもそういうところを受け継いで、もっともっと近づいていきたい」と菅野。今度は自分が先輩の思いを後輩たちに継承する。