2019.5.21 22:36

日本ハム・金子、制球甘く4失点「自分で苦しくしてしまった」

日本ハム・金子、制球甘く4失点「自分で苦しくしてしまった」

3回、楽天・今江に適時打を打たれ、ロージンを吹いて落ち着かせる日本ハム・金子=札幌ドーム(撮影・野口隆史)

3回、楽天・今江に適時打を打たれ、ロージンを吹いて落ち着かせる日本ハム・金子=札幌ドーム(撮影・野口隆史)【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム3-13楽天、10回戦、楽天6勝4敗、21日、札幌D)日本ハムの金子は三回に押し出し四球で失点するなど持ち前の制球が鳴りを潜め、3回を7安打4失点で3敗目を喫した。「各イニングの先頭打者を抑えることはできたが、その後に連打され、うまく切り替えることができなかった」と肩を落とした。

 最多勝や沢村賞にも輝いた実績のある35歳のベテラン。オリックスから加入した今季は投手陣の柱として期待されているが、前回15日の登板に続いて先発の責任を果たせなかった。「一人の打者への球数が多くなってしまい、自分で苦しくしてしまった」と渋い顔だった。

試合結果へ

  • 9回の日本ハムベンチ。試合を見つめる金子と、集中する中田=札幌ドーム(撮影・野口隆史)