2019.5.21 22:28

広島・菊池涼、五回に先制2点打「頑張って必死につないだ」

広島・菊池涼、五回に先制2点打「頑張って必死につないだ」

5回、先制の2点適時打を放つ広島・菊池涼=三次きんさいスタジアム(撮影・加藤孝規)

5回、先制の2点適時打を放つ広島・菊池涼=三次きんさいスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・リーグ、広島3-2中日、10回戦、広島7勝3敗、21日、三次)広島の菊池涼が0-0の五回に2点打を放ち、均衡を破った。2死満塁のフルカウントから、9球目の速球を左前に打ち返した。得点圏打率がリーグトップの4割5分5厘と勝負強い2番打者は「頑張って必死につないだ。投手が(試合を)つくってくれたから」と控えめに喜んだ。

 チームは前回対戦した7日に完封を許した大野雄から、20イニングぶりの得点をマーク。三回2死一、三塁では空振り三振に倒れたが、球数を稼ぎ「集中できていたということ」とさらりと言った。(三次)

試合結果へ