2019.5.20 20:03(4/5ページ)

「もうちょっとやりたかったな」巨人・上原引退表明会見全文

「もうちょっとやりたかったな」巨人・上原引退表明会見全文

特集:
上原浩治
移籍・退団・引退
フォトセッションに応じる巨人・上原=東京都千代田区(撮影・桐原正道)

フォトセッションに応じる巨人・上原=東京都千代田区(撮影・桐原正道)【拡大】

 --2006年WBCの準決勝・韓国戦で、バッテリーを組んだ里崎氏が「野球人生で一番すごい球を投げていた」と話していた

 「今のサトの言葉にうれしい気持ちと、あのときは本当にみんなが帰る準備をしていたので、自分らの力ではもうトーナメントで上に行けないという状況の中で、アメリカが負けて日本にチャンスがきたという中で、予選も韓国に一回も勝ってなかったですけども、あの試合でまたみんなが気持ちを切り替えて、本当に一丸となって勝てた試合だったので。僕も人生の中でベスト3になるようなピッチングだったと思いますね」

 --レッドソックスのジョン・ファレル監督の印象的な言葉は

 「言われたことと言うより、会見の中で『コージには第六感がある』と言ってくれたので、『何を言っているんだろう?』と、それを今でも覚えていますね」

 --配置転換を受け入れることができたのは

 「中継ぎになった時に、当時の監督から『先発で使わない』ということははっきり言われたので。アメリカに行ったのはメジャーで投げたいという気持ちだけだったので、トリプルAで投げたいというのは一切なかったですから、素直に中継ぎでメジャーに残れるんだったらという気持ちで、受け入れることは簡単でしたね」

 --プロ野球の監督に興味はないが、学生野球の監督はしてみたいと話していた

 「プロ野球選手に対しては、全員がプロなので、正直教えることはあまりないと思いますし、だったらアマチュアで、自分が教えた選手たちがプロに入っていくという、そういう子たちを育てていきたいという気持ちは今でもありますね。今でも強く思う? そこまで強くないですけど(笑)」

 --速いテンポや間合いはどのようにして可能になったのか

 「よくそれは言われますけど、自分の中でテンポを速くしようとか、そういう意識は一切したことないので。もしかしたら高校時代、大学時代にずっとバッティングピッチャーをやっていたので、そのリズムのまま試合でも投げていたんじゃないかと思いますね」

【続きを読む】

  • 会見に臨む上原浩治=東京・千代田区(撮影・中井誠)
  • 引退会見に臨んだ上原=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 現役引退を語る巨人・上原=東京都千代田区(撮影・桐原正道)
  • 一礼して会見場を出る上原浩治=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=20日、東京・千代田区(撮影・桐原正道)