2019.5.20 20:03(1/5ページ)

「もうちょっとやりたかったな」巨人・上原引退表明会見全文

「もうちょっとやりたかったな」巨人・上原引退表明会見全文

特集:
上原浩治
移籍・退団・引退
会見に臨む上原浩治=東京・千代田区(撮影・中井誠)

会見に臨む上原浩治=東京・千代田区(撮影・中井誠)【拡大】

 巨人・上原浩治投手(44)が20日、現役引退を表明し、東京・千代田区のホテルニューオータニで記者会見した。以下の通り、会見の全文を掲載する。

《冒頭、上原本人からのあいさつで会見が始まった》

 「本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいなと思います。えー・・・(涙で言葉に詰まる)これまで自分に関わってくれた方々、みんなに感謝したいと思います。ありがとうございました」

 --今の胸の内は

 「もうちょっとやりたかったな、という思いです」

 --心の中の変化は

 「自分が決めた以上、ユニホームを着ることはないわけですから、今は気持ちを切り替えていかないといけないかなと思っています」

 --決断のきっかけ

 「もう今年で辞めることは最初から決めていたことなので。3カ月が僕の中では勝負と決めていたので、2月、3月、4月と練習していく中で、(開幕後は)一度も1軍に上がることなく、2軍で試合を投げさせていただいていた中で、抑えていないという葛藤もありましたし、8月、9月になると、チームは首位争いという状況になってくる中で、自分がこういう会見をするのは違うと思ったので、もうそれだったら早く終わろうと思った」

 --経験もあり、体は手術もした。ズレは

 「手術させていただいて、体自体は投げられる状態ですけど、その状態の中で、2軍戦で通用していなかったというのが、気持ち的に後ろ向きになったのかなと。そう思っています」

 --これまで後ろ向きになったことは

 「それは何回かありましたけど、来年があるんであればもうちょっと頑張ろうと、今年1年やろうという気持ちになりましたけど、来年はもうないというのははじめから決めていましたから、やっぱり気持ちと体と、なかなか一致しなかったということですね」

【続きを読む】

  • 引退会見に臨んだ上原=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 現役引退を語る巨人・上原=東京都千代田区(撮影・桐原正道)
  • フォトセッションに応じる巨人・上原=東京都千代田区(撮影・桐原正道)
  • 一礼して会見場を出る上原浩治=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=東京・千代田区(撮影・桐原正道)
  • 会場に届けられた花=20日、東京・千代田区(撮影・桐原正道)