2019.5.19 18:00(3/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】早くも合格点の矢野采配…試合に全神経を集中してほしい

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

早くも合格点の矢野采配…試合に全神経を集中してほしい

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
阪神・近本はルーキーで定位置確保

阪神・近本はルーキーで定位置確保【拡大】

 少し、いやかなり話が脱線しましたが、周囲の予想を大きく覆す現状に阪神球団内部からはこんな声が聞こえて来ましたね。

 「矢野監督の采配は合格点やな。ベンチワークや選手起用を含めてすごくええやんか。誰とは言わんけど、かなり差があるわ。ほとんど同じ戦力でここまで頑張れるのやからたいしたもんや」

 そう、矢野燿大新監督のベンチワーク、采配や選手起用について球団内部からは早くも「合格点や」という高い評価が漏れ伝わってきているのです。

 打線構成においてはルーキー近本、木浪をスタメンに抜擢。高山、中谷や江越ら金本チルドレンの起用に拘らず、春季キャンプやオープン戦で結果を出し続けたルーキー2人をグラウンドに出し続けています。これが糸井や福留の両ベテランを刺激し、新旧のかみ合った打線を生み出しているわけです。さらに近本と木浪は中堅と遊撃です。捕手の梅野、二塁の糸原もポジションを固定されていてセンターラインが定まっています。

 「矢野監督は捕手出身なので、ゲームメークは守りから考えるんだ。センターラインを固定するのは基本だからね。それがよく分かっている。これが点を獲りたい、打ちたい…に走ると選手を打撃の好不調で起用するようになって守りがおろそかになる。前体制がそれだった。矢野監督は前体制の失敗をよく分析した上でセンターラインを重視しているのかもしれない」 阪神OBの言葉ですが生きた教材を参考にしたのかどうか…。ともかく近本、木浪の抜擢と梅野と糸原の固定は打線のつながり、守備面での呼吸など様々な部分でチームに好影響を及ぼしているのです。

 投手陣でも藤浪やガルシアの不振という大きな誤算がありながら、青柳や岩田、才木らを辛抱強く使い、先発ローテーションを守っています。中継ぎも守屋や島本らを加えて、勝ちパターンならジョンソン、ドリスという鉄壁の終盤を構成しました。

【続きを読む】

  • 阪神・矢野燿大監督
  • 巨人・菅野(手前)から本塁打を放つ阪神・木浪。日本のエースを粉砕した