2019.5.19 05:01

東洋大・杉本監督、DeNA・上茶谷プロ1勝に「早かったか、遅かったかは関係ない」

東洋大・杉本監督、DeNA・上茶谷プロ1勝に「早かったか、遅かったかは関係ない」

 (セ・リーグ、ヤクルト6-11DeNA、8回戦、DeNA5勝3敗、18日、神宮)DeNAは18日、ヤクルト8回戦(神宮)に11-6で勝利。ドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=が先発して六回途中まで3安打3失点にまとめ、プロ初勝利を挙げた。

 上茶谷は大学時代、血行障害の手術を受け、3年まで勝利がなかった。東洋大・杉本泰彦監督(59)はさいたま市の自宅で勝利を知り、「大学4年の春に初勝利を挙げて、次の年の春にプロで初勝利とは、成長がすごいということでしょう。1勝目が早かったか、遅かったかは関係ない」とさらなる飛躍を期待した。一方、上茶谷は、引き揚げる三塁側通路に降り注いだ歓声に、知った声があることを聞き分けた。大学4年時の女房役で、1学年下の佐藤都志也捕手の声。ヒーローは逆に「トシヤ~!」と叫び、喜びを分かち合った。

試合結果へ