2019.5.18 14:18

法大、早大に先勝/東京六大学

法大、早大に先勝/東京六大学

 東京六大学野球第6週第1日が18日、東京・神宮球場で行われ、早大-法大1回戦は、法大が2-0で早大を下し、先勝した。

 法大は八回2死から、3番・安本竜二内野手(4年)が左越え二塁打を放ち、4番・一塁で出場の伊藤寛士捕手(4年)が右翼線二塁打で先制し、5番・福田光輝内野手(4年)が右越えに3者連続となる二塁打で2点目を奪った。

 先発右腕・三浦銀二投手(2年)が7安打完封で今季2勝目。ここまでリーグタイの5試合連続本塁打を記録中だった法大・安本は、4打数2安打だったが本塁打は出ずに更新はならなかった。

 完封勝利の三浦は、「調子はあまりよくなかった。完封はあまり意識しないが、勝ててよかった。次もチームの勝利に貢献できるようにしたい」と話した。