2019.5.18 15:46

阪神・糸井にアクシデント発生か 5回守備から退く

阪神・糸井にアクシデント発生か 5回守備から退く

特集:
糸井嘉男
4回、広島・鈴木の打球を好捕する阪神・糸井=阪神甲子園球場(撮影・加藤孝規)

4回、広島・鈴木の打球を好捕する阪神・糸井=阪神甲子園球場(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神-広島、8回戦、18日、甲子園)阪神・糸井嘉男外野手(37)が18日、甲子園で行われた広島戦に「3番・右翼」でスタメン出場したが5回守備からベンチに下がった。代わって、中谷将大外野手(26)が右翼の守備についた。

 糸井は四回先頭の鈴木の右翼ファウルゾーンへの打球に激走し、滑り込みながら好捕していたが、その際に右膝などがフェンスに接触していた。その後、試合中にクラブハウスへと引き上げたが、何らかのアクシデントが発生した可能性がある。

試合結果へ