2019.5.18 05:02

西武・森、延長十回V犠飛!「対応できた」 おかわりダメ押し8号

西武・森、延長十回V犠飛!「対応できた」 おかわりダメ押し8号

延長十回に勝ち越し犠飛を放った森は、帽子を取ってスタンドのファンの声援に応えた (撮影・中島信生)

延長十回に勝ち越し犠飛を放った森は、帽子を取ってスタンドのファンの声援に応えた (撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-7西武、7回戦、西武5勝2敗、17日、京セラ)西武は2度リードしながら追い付かれ、延長戦に持ち込まれたが、十回に2点を勝ち越した。

 1死三塁で森友哉捕手(23)が勝ち越しの犠飛。見逃せばボールかという落ちる球を右手一本ですくって右翼へ打ち上げ、「かなり崩されたが、その前にフォークボールを見ていたので対応できた。前半こちらがいい流れで、それが相手に傾いた試合を勝てたのは大きい」と胸を張った。続く中村剛也内野手(35)が右翼ポール際に8号ソロを放ち、突き放した。

 これで5連敗後の5試合を4勝1敗。あと1勝で勝率5割に復帰するところまで盛り返し、「こういう苦しい戦いを取っていくことが大事」と辻監督。「よく粘ったよ。5失点までオーケーが合言葉だから」と投打の踏ん張りをたたえた。

2戦連続の8号ソロに西武・中村「(森)友哉が犠飛で勝ち越してくれたので、適当にというか、本当に楽な気持ちで打席に入れた」

試合結果へ