2019.5.18 08:00

【エモやんの舌好調】原監督の采配の切れが勝利呼び込んだ

【エモやんの舌好調】

原監督の采配の切れが勝利呼び込んだ

選手交代を告げる巨人・原監督=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)

選手交代を告げる巨人・原監督=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-4巨人、6回戦、巨人4勝2敗、17日、ナゴヤD)ピッチャーは切れが大事。監督も、切れが重要。原監督の采配の切れが光る勝利だったね。

 3点を先行した直後の六回。先発のヤングマンが四球、四球、死球で無死満塁のピンチを招き、左の高橋に左腕・高木。これを三振に取ると、右の福田に右腕・アダメス。犠飛による最少失点で乗り切った。

 リリーフ陣の弱さを見かねたエモトは、以前から「一人一殺リレー」を提唱していた。ようやく実行に移したか…と、うなずく半面、慣れないことをして大丈夫か…と心配もしたけれど、それを吹き飛ばしたのが原監督の切れ。スパッ、スパッと交代させる決断の早さは、さすがだよ。

 ベンチが迷うと、選手に不安と焦りが伝染する。マウンドに集まって打ち合わせなどしようものなら、逆効果。投手がプレッシャーを感じるだけ。間髪入れずに、というのが、最高の手順なんだ。

 八回には、クリーンアップに中川をぶつけ、九回に1点を追加して、最後の沢村に3点のリードを贈呈。こうした切れのある展開も、原監督が呼び込んだといえるね。

 投打とも不安が頭をもたげてきた矢先、采配の妙で連敗を止めた原監督。あとは選手が、どれだけ切れを取り戻すか、だよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ