2019.5.18 05:01

“初物キラー”巨人・岡本、今季7人全員から安打

“初物キラー”巨人・岡本、今季7人全員から安打

6回 先制の左適時二塁打を放ち手を叩く巨人・岡本=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)

6回 先制の左適時二塁打を放ち手を叩く巨人・岡本=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-4巨人、6回戦、巨人4勝2敗、17日、ナゴヤD)巨人・岡本がプロ初登板の中日・勝野から決勝の2点タイムリーを放った。今季、巨人戦に初登板したセ・リーグの先発投手は計7人(阪神・浜地、中日のロメロと勝野、ヤクルトの高橋とスアレス、DeNAの上茶谷と大貫)。岡本はこの日の勝野を含め、7人全員から安打を放ち、計16打数8安打の打率.500、2本塁打、8打点。“初物”に絶対的な強さを見せている。

試合結果へ