2019.5.18 05:01

日本ハム・清宮、3打数無安打も好感触

日本ハム・清宮、3打数無安打も好感触

特集:
清宮幸太郎
日本ハム・清宮幸太郎内野手はDeNA戦に「3番・DH」でスタメン出場。一回の第1打席は一直だった=神奈川県横須賀市の横須賀スタジアム(撮影・山口泰弘)

日本ハム・清宮幸太郎内野手はDeNA戦に「3番・DH」でスタメン出場。一回の第1打席は一直だった=神奈川県横須賀市の横須賀スタジアム(撮影・山口泰弘)【拡大】

 (イースタン・リーグ、DeNA2-3日本ハム、17日、横須賀)右有鈎(ゆうこう)骨の骨折から実戦復帰4試合の清宮は、「3番・DH」で3打数無安打1四球だった。四回の2打席目は二遊間へ鋭い打球を放ったが、三塁手がほぼ遊撃手の定位置、遊撃手が二塁ベース手前、二塁手が一、二塁間を守る“清宮シフト”で遊ゴロ。だが、「結果より内容。よかったです」と好感触を得たようだった。