2019.5.18 05:01

中日D3・勝野、初登板6回3失点

中日D3・勝野、初登板6回3失点

特集:
2019新人情報
先発の中日・勝野=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)

先発の中日・勝野=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-4巨人、6回戦、巨人4勝2敗、17日、ナゴヤD)D3位・勝野(三菱重工名古屋)がプロ初登板で6回3失点。ピンチでも顔色を変えず試合をつくり「次は(無失点だった)五回までのような投球をしたい」と前を向いた。「打者の顔を見ればどんなバッティングをするか分かる」という通り、力強い直球で押しながら変化球でストライクを奪うクレバーな投球を見せた。昨年の社会人日本選手権で優勝に貢献し、最高殊勲選手に選ばれた右腕。次回登板を期待させる門出だった。

勝野について中日・与田監督「何より非常に落ち着いていたのが良かった」

試合結果へ