2019.5.17 05:04(1/2ページ)

阪神・西、得意のコイ料理や!奪首3連戦へ気合「食ってかかる」

阪神・西、得意のコイ料理や!奪首3連戦へ気合「食ってかかる」

投手指名練習で笑顔を見せる西。大事な初戦、任せたで!!(撮影・山田喜貴)

投手指名練習で笑顔を見せる西。大事な初戦、任せたで!!(撮影・山田喜貴)【拡大】

 さぁ奪首3連戦!! 阪神は17日から甲子園で広島との2位直接対決に臨む。初戦に先発する西勇輝投手(28)は16日、甲子園での投手指名練習に参加。首位巨人と1ゲーム差で迎える3連戦に向け「チーム全員で食ってかかっていきたい」と気合をみなぎらせた。2連勝すれば18日に首位に立つ可能性も。まずは今季完封勝利を挙げている鯉キラーで先勝や!!

 巨人の背中はすぐ手が届くところまできた。連勝の勢いそのままに、セ界の頂点へ一気に上り詰める。2位で並ぶ広島との3連戦。相手が4連勝中の王者だろうが関係ない。直接対決第1ラウンドのマウンドに上がる西が奪首を誓った。

 「(首位を目指すことは)常に全員が思っていること。チーム全員で食ってかかっていきたいです」

 甲子園での投手指名練習に参加。マウンドを使っての投内連係の確認や、短い距離のダッシュを繰り返すなど汗を流した。戦う準備はOKだ。

 リーグ3連覇中の鯉には、4年連続でシーズン負け越しを喫するなど苦しい戦いを強いられてきた。しかし、今季は違う。ここまでの2カードはいずれも勝ち越し、6試合で4勝2敗。今回の3連戦も勝ち越せば開幕から3カード連続となり、実に2012年以来7年ぶりだ。首位巨人とは1ゲーム差。ヤクルトも含めた3チームが2位という大混戦から、虎が抜け出す。

 2連勝すれば、巨人の結果次第で18日にも首位に立てる。とにかく初戦が大事。矢野監督から自信を持って送り出されるのが、西だ。古巣のオリックス時代から、広島戦では5試合で3勝0敗、防御率1・46と圧倒的な強さを誇る。前回対戦の4月7日(マツダ)では移籍後初勝利を自身2年ぶりの完封で飾った。今回も相性のよさを発揮し、ライバルをねじ伏せる。

【続きを読む】

  • 西は甲子園の大声援を味方につけてマウンドで躍動する
  • 阪神・西の広島主力打者との過去の対戦成績
  • 西の広島戦登板成績