2019.5.17 05:00

ヤクルト・スアレス抹消 燕投手陣に痛手

ヤクルト・スアレス抹消 燕投手陣に痛手

 ヤクルトの新外国人右腕、アルバート・スアレス投手(29)が16日、出場選手登録を抹消された。先発した15日の広島戦(マツダ)で、一回の投球中に上半身のコンディション不良を訴え、二回のマウンドから退いた。

 スアレスは今季3試合に先発して1勝1敗、防御率1・29と好投を続けていただけに、痛手となる離脱だ。