2019.5.17 22:49

ロッテ・鈴木が6年ぶりの満塁弾「午前0時を過ぎたら次のことを考える」

ロッテ・鈴木が6年ぶりの満塁弾「午前0時を過ぎたら次のことを考える」

7回 満塁本塁打を放ち塁をまわるロッテ・鈴木=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)

7回 満塁本塁打を放ち塁をまわるロッテ・鈴木=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司) 【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ6-1楽天、7回戦、ロッテ5勝2敗、17日、ゾゾマリン)ロッテの鈴木が2013年8月22日の西武戦以来、6年ぶり2本目の満塁本塁打を放った。2-0の七回2死で、美馬の外角シュートを右中間へ運んだ。接戦の中で貴重な追加点を生み「気持ち良かった。最高の仕事ができた」と余韻に浸った。

 今季はレアードに三塁の定位置を奪われ、5月に入ってからは指名打者での出場がほとんど。2番という難しい打順も懸命に務め「午前0時を過ぎたら次のことを考える。一日をどう頑張るかということしか考えていない」と言葉に力を込めた。

試合結果へ

  • 7回満塁本塁打を放ちベンチの出迎えを受けるロッテ・鈴木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)