2019.5.17 19:21

ロッテ・荻野が横っ飛びスーパーキャッチで二木救った

ロッテ・荻野が横っ飛びスーパーキャッチで二木救った

4回 タッチを交わすロッテ・荻野(中央)=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司)

4回 タッチを交わすロッテ・荻野(中央)=ZOZOマリンスタジアム (撮影・戸加里真司) 【拡大】

 ロッテの荻野貴司外野手(33)が17日、楽天7回戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」で出場。2-0の四回1死一、二塁のピンチで、6番・銀次の左中間手前への飛球をダイビングキャッチ。飛び出した二塁走者の島内もアウトにし、併殺で無失点で切り抜けた。

 四回1死から、ここまで無安打投球を続けていた先発の二木が4番・島内に初安打を許すと、続くウィーラーにも連打を浴びて一、二塁。抜ければ同点にも追いつかれかねない打球に迷いなく飛びついた。

 荻野は一回先頭の打席でも、左中間へ二塁打を放ち、先制のホームを踏んだ。プロ10年目の幕張のスピードスターが、攻守にわたってグラウンドを駆け抜けた。

試合結果へ

  • 4回楽天・銀次の飛球を好捕したロッテ・荻野=ZOZOマリンスタジアム(撮影・戸加里真司)