2019.5.17 05:03

ロッテ・種市、先発3戦3勝!「めちゃくちゃ意識」同期・オリ山本に投げ勝った

ロッテ・種市、先発3戦3勝!「めちゃくちゃ意識」同期・オリ山本に投げ勝った

高卒3年目の種市が先発で3連勝。チームメートと勝利のハイタッチを交わした (撮影・戸加里真司)

高卒3年目の種市が先発で3連勝。チームメートと勝利のハイタッチを交わした (撮影・戸加里真司)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ9-2オリックス、7回戦、オリックス4勝3敗、16日、ゾゾマリン)闘争心を前面に押し出した。高卒3年目のロッテ・種市篤暉(あつき)投手(20)が今季最長の6回を投げ、5安打2失点。無傷の3勝目でチームは単独3位に浮上した。

 「めちゃくちゃ意識した。相手は世代ナンバーワンだと思っている。投げ勝ってはいないけど、勝ち投手になれてよかったです」

 オリックス・山本との3年目右腕対決で勝利。最速150キロの直球に、鋭いフォークボールがさえ渡った。

 今季は救援でスタート。8試合で結果を残し、先発に抜擢(ばってき)された。プロ初勝利を挙げた4月29日の楽天戦から自身3連勝だ。

 青森・三沢市出身。八戸工大一高では、2年秋の県大会準優勝が最高成績で、3年夏は準々決勝敗退。甲子園には縁がなかった。高校BIG4と呼ばれた今井(作新学院→西武)、藤平(横浜→楽天)、高橋昂(花咲徳栄→広島)、寺島(履正社→ヤクルト)ら同期生は「雲の上の存在だと思ってみていた」という。

 2017年入団の高卒同期は、すでに通算7勝の広島・アドゥワや同6勝のDeNA・京山らもいるが、「世代で1番を目指して頑張る」と種市。どん欲な20歳右腕に、スポットライトが当たり始めた。 (浜浦日向)

試合結果へ

  • ロッテ・種市篤暉の今季先発登板成績