2019.5.17 05:02

4連敗の巨人、投手にテコ入れ 沢村が“再々”転向

4連敗の巨人、投手にテコ入れ 沢村が“再々”転向

先発に挑戦していた沢村がリリーフに再転向し、17日から1軍へと戻ってくる

先発に挑戦していた沢村がリリーフに再転向し、17日から1軍へと戻ってくる【拡大】

 4連敗中の首位・巨人は16日、東海道新幹線で名古屋に移動。原辰徳監督は17日から始まる中日3連戦(ナゴヤドーム)を前に沢村拓一(31)、桜井俊貴(25)両投手を昇格させることを明かした。

 救援防御率がリーグ5位の3・96に沈むリリーフ陣を立て直す。名古屋入りした原監督は、2軍で調整していた沢村について「リリーフで入ってもらう。そういう(重要な)役割を担ってもらえると一番いい」と“勝利の方程式”に組み込むことも示唆した。

 沢村は春季キャンプで指揮官から「救援では窮屈に野球に取り組んでいる」と諭され、先発に転向。4月6日のDeNA戦(横浜)で先発したが3回0/3を4失点で、その後は2軍で調整していた。ただ、「先発をやったことで(窮屈さが)取れた。専門職の方で頑張ってもらう」と今回は再びリリーフとして昇格することになった。

 2軍戦で3戦連発と復調ぶりをアピールしたゲレーロも17日に出場選手登録をする予定。投打でテコ入れを図り、苦境を打開する。 (伊藤昇)