2019.5.17 05:03(1/2ページ)

平沼がV打!清宮、輝星だけじゃない甲子園のスターで日本ハム単独2位

平沼がV打!清宮、輝星だけじゃない甲子園のスターで日本ハム単独2位

特集:
清宮幸太郎
平沼が七回に均衡を破る適時二塁打。試合後はスタンドの声援に帽子を取って応えた (撮影・中井誠)

平沼が七回に均衡を破る適時二塁打。試合後はスタンドの声援に帽子を取って応えた (撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天0-2日本ハム、9回戦、楽天5勝4敗、16日、東京D)あと数十センチで本塁打の大飛球だった。日本ハム・平沼翔太内野手(21)が0-0の七回1死三塁で、右翼フェンスの最上部を直撃する先制の適時二塁打。初球をたたいた一打が、貴重な決勝タイムリーになった。

 「1点が遠い中、先輩がチャンスをつくってくれたので、積極的に打ちました。母が見に来てくれたので、ヒーローになれてよかったです」

 審判団によるリプレー検証が行われ、判定通りに二塁打。母・美佳さん(45)が、地元の福井から応援に駆けつける中、4年目で初のヒーローインタビューを受け「まだまだ力がないな。筋トレします!」と笑顔で宣言した。

 福井・敦賀気比高時代は2015年の選抜でエースとして全5試合で完投し、初優勝を達成した。16年にドラフト4位で日本ハムに入団し、内野手に転向。今季8度目の先発出場で三回には中前打を放ち、2安打1四球と存在感を発揮した。

 チームは前日15日の楽天戦(楽天生命パーク)で8点のリードを奪いながら痛恨の逆転負け。21歳のバットが敗戦のショックを吹き飛ばした。

【続きを読む】

  • 敦賀気比時代の平沼(中央)
  • 日本ハム・平沼が右越えに先制二塁打を放つ