2019.5.17 20:34

DeNA・ソト、久々の打点「前でしっかり捉えられた」

DeNA・ソト、久々の打点「前でしっかり捉えられた」

3回 適時二塁打を放つDeNA・ソト=神宮球場 (撮影・長尾みなみ)

3回 適時二塁打を放つDeNA・ソト=神宮球場 (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト-DeNA、7回戦、17日、神宮)DeNAのソトが1日以来となる打点をマークした。三回に小川の外角速球にバットを合わせた打球が右翼線を破る適時二塁打となり「前でしっかり捉えられた。久しぶりの打点でうれしい」と喜んだ。

 5月に入ってからは試合前まで打率1割1分8厘で本塁打がなく、1打点のみ。昨季の本塁打王の不振がチーム低迷の一因となっていたが、ラミレス監督は打順を下げるのはプライドを傷つけるとして「うちの3番はソトだという使い方でいく」と話していた。首脳陣の信頼に応える一打となった。

試合結果へ