2019.5.17 23:04

オリックス、粘りも及ばず 西村監督「主導権を握っていかないと」

オリックス、粘りも及ばず 西村監督「主導権を握っていかないと」

先発のオリックス・山岡=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)

先発のオリックス・山岡=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-7西武、7回戦、西武5勝2敗、17日、京セラ)オリックスは四回と七回に追い付く粘りを発揮したが、勝ち越し点を奪えなかった。5-5の八回1死満塁から後藤は遊ゴロ、マレーロは空振り三振。九回2死二塁のサヨナラ機では福田が空振り三振に倒れた。

 今季、延長戦で勝ったのは2日のロッテ戦だけで、1勝4敗3分けとなった。終盤の好機を生かせず、西村監督は「しっかり点を取っていかないと。先に先に、主導権を握っていかないと」と打線に奮起を促した。

試合結果へ

  • 4回、同点の2点本塁打を放ちベンチで迎えられるオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)
  • 4回、同点の2点本塁打を放つオリックス・吉田正=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)
  • 4回、適時二塁打を放つオリックス・大城=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)
  • 先発のオリックス・山岡=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)
  • 7回、同点の2点本塁打を放ったオリックス・マレーロ=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)
  • 7回、ロメロとジャンプしてハイタッチする同点弾を放ったオリックス・マレーロ=京セラドーム大阪(撮影・中島信生)