2019.5.16 05:03(1/2ページ)

阪神・守屋、G斬りプロ初星!坂本勇を丸を岡本を「強い気持ちで」ねじ伏せた

阪神・守屋、G斬りプロ初星!坂本勇を丸を岡本を「強い気持ちで」ねじ伏せた

乱打戦の中で、キラリと光る投球を見せた守屋(撮影・水島啓輔)

乱打戦の中で、キラリと光る投球を見せた守屋(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人8-13阪神、8回戦、巨人6勝2敗、15日、東京D)嫌な流れを断ち切った5年目右腕が、待望の初勝利をつかんだ。5-4と1点差に迫られた四回2死一塁、マウンドを託されたのは守屋だ。後続を断ち、五回も巨人の上位打線を三者凡退に抑えると、その後、打線が再び爆発。虎の歴史的大勝に彩られ、うれしいプロ初白星をつかんだ。

 「いつも通り、0で抑えて帰ろうと思ってマウンド上がりました。(初勝利は)すごいうれしいです」

 二回までに5点を奪うも、先発・岩田が粘りきれない嫌な展開。5-2の四回、1点を返され、なお2死三塁。菅野の遊ゴロがリクエストによるリプレー検証の結果、内野安打に覆り4失点目。流れが完全に傾いたところで、矢野監督が守屋の名前をコールした。

 流れは完全に巨人。しかし、代打・重信を相手に2球で追い込むと、3球目のフォークを引っかけさせて、遊ゴロで切り抜けた。さらに圧巻は五回だ。先頭の坂本勇を直球で右飛に仕留めると、続く丸には全てストライクゾーンで勝負し、4球で見逃し三振。4番・岡本もカウント2-2から5球目、150キロ直球で空振り三振に仕留めた。

【続きを読む】

  • うれしいプロ初勝利に、ウイニングボールを持って記念撮影
  • 4回、投球する阪神・守屋=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 阪神・守屋の年度別登板成績