2019.5.16 05:03(2/2ページ)

阪神・木浪、“菅野キラー”弾!プロ1号に続き2号も…菅野からシーズン2発は虎戦士初

阪神・木浪、“菅野キラー”弾!プロ1号に続き2号も…菅野からシーズン2発は虎戦士初

サンスポ4月20日付1面

サンスポ4月20日付1面【拡大】

 「○○くんの、元気に声を出すところがすごいと思いました」

 「○○くんは、前はできなかった○○ができるようになりました。僕も頑張りたいです」

 作文用紙をびっしりと埋め尽くしたのは、チームメートのいいところ。恩師の澤田憲郎監督は「『自由に書いてね』と紙を渡したら、聖也は仲間のことでいっぱい。周りのことをよく見ていたんでしょうね。あんな風に書いていたのは聖也だけ」と目を細める。誰よりも仲間思いで、長所をぐんぐん吸収できる。そんな男だから、舞台がプロに移っても、自分らしく活躍していける。

 「ホームランを打てたことは自信になりますし、うれしいです」

 八回2死満塁では野上から右前2点打を放ち、ダメ押し。計3打点で今季最多タイの13得点に貢献した。木浪は止まらない。まだまだ打って、猛虎の仲間と頂点へと突き進む。  (箭内桃子)

データBOX

 ◎…阪神の打者が1シーズンで巨人・菅野から2本塁打するのは初。菅野は昨年まで6年間、通算26試合で6本しか阪神から被弾していない
 ◎…1試合5発は4月18日のヤクルト戦(神宮、○13-5)以来。大山、中谷が2本、近本が1本放った。13得点もそのとき以来、今季最多タイ
 ◎…1試合18安打は今季最多で、昨年9月22日の広島戦(マツダ、○13-4)以来
 ◎…先発野手全員安打は5月5日のDeNA戦(甲子園、○7-5)以来。巨人・菅野からは昨年3月30日の開幕戦(東京ドーム、○5-1)以来

試合結果へ

  • 六回に2号ソロを放つ木浪。菅野から2本とは、恐れ入る
  • 8回、2点適時打を放つ阪神・木浪=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 6回、本塁打を放つ阪神・木浪=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 阪神・木浪の巨人戦アットバット
  • 6回、2点本塁打を放つ阪神・大山=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 5回巨人・菅野からソロ本塁打を放つ阪神・福留=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 7回、本塁打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 1回、2点本塁打を放つ阪神・糸井=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 先発の阪神・岩田=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 投球する阪神・藤川=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 4回、投球する阪神・守屋=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 勝利しタッチを交わす阪神ナイン=東京ドーム(撮影・門井聡)